自働体重・体調測定ロボット(ABC)の提供開始。 タイ国スマート農業実証事業にも採択

2022.03.08

Press

株式会社Eco-Pork(所在地:東京都墨田区、代表取締役 神林 隆、以下Eco-Pork)は、国内初となる「自働体重・体調測定ロボット(ABC)」の提供を開始しました。
今回新たに開発した自働撮像ロボットと開発済AI豚カメラ(ABC)を融合したことにより、ロボットが完全自動で豚舎内を移動し、豚舎内全ての豚体重/体調を自働で測定・集計致します。本製品は関西農業Week(3/8~10)、国際養鶏養豚総合展2022 (4/27-29)にて展示・販売開始いたします。
また、本製品はタイ国スマート農業の実証事業にも採択され、日本国農林水産省およびタイ政府とも協力の上、タイでも実証・販売を開始していく予定です。

↑農場に設置された「自働体重・体調測定ロボット(ABC)」

Eco-Porkは、誰もが安心して豚肉を楽しむ未来を守ることをミッションに、豚肉の安全・安定供給と養豚産業の環境負荷低減を実現すべく、養豚業界にICTによる情報可視化ツール「Porker」の提供、IoTセンサーや体重・体調測定カメラの開発・提供を行うなど、養豚農家の作業効率改善・生産性改善・疾病対策等へ取り組んでおります。
主力事業である養豚経営管理システム「Porker」は、14もの販売提携先の協力を受け、全国に販売を実施しており、沢山の農家様からご評価を頂いております。

AI豚カメラ(ABC)について

​AI豚カメラは、複数頭の肥育豚を一度に完全自働で測定できるハードウェアであり、弊社の養豚経営管理システム「Porker」への即時連携が可能なものとなっております。
豚の輪郭や特徴点を捉えて体重推計しているため、豚が寝転んでいる・豚が重なり合い輪郭特定できないなど、豚房内で起こりえる全ての状態にて測定が可能となっております。また実用化に先駆け、2021年までに関連特許を13件取得し、現在国際特許への移行を開始しております。
本カメラは、鹿児島県のジャパンファームなど複数企業にて2021年より本格運用・正式導入が既に開始されております。

タイ国スマート農業実証事業について

株式会社Eco-Pork (所在地:東京都墨田区、代表取締役 神林 隆、以下Eco-Pork)は、農林水産省「令和 3 年度海外農業・貿易投資環境調査分析委託事業」(みどりの食料システム戦略の取組モデルの実践:タイにおけるスマート農業の実証事業)に採択されました。

農林水産省「タイへのスマート農業実証・事業展開への支援事業」概要
「令和 3 年度海外農業・貿易投資環境調査分析委託事業」(みどりの食料システム戦略の取組モデルの実践:タイにおけるスマート農業の実証事業)は、タイでの実証・事業展開の有効性や課題・障壁・解決方法を明らかにすることにより、日本のスマート農業技術の海外展開を促進し、タイの農業の課題解決につなげることを目的に、農林水産省がタイ政府とも協力の上、タイでのスマート農業技術の実証や事業展開を検討されている事業者に様々な支援を行う。

タイへのスマート農業実証・事業展開へのご支援のお知らせ(公募要領):
https://www.maff.go.jp/j/kokusai/kokkyo/food_value_chain/attach/pdf/support-4.pdf

Eco-Porkについて

会社名:    株式会社Eco-Pork 代表取締役 神林隆

設立:    平成29年11月29日(平成唯一のニクイイニクの日)

HP:    https://www.eco-pork.com/

所在地:
(東京拠点)東京都墨田区横川1-16-3 Center of Garage Ground05
(鹿児島拠点)鹿児島県鹿児島市名山町9-15 mark MEIZAN

​ お問合せ

メール:    info@eco-pork.com