食はいのち。 次世代に 食肉文化を つなぐこと。 食はいのち。 次世代に食肉文化を つなぐこと。

Story

人間は動物・植物・菌類など、さまざまな生き物のいのちをいただいて生きてきました。その中でも、陸上動物をいただく食肉をめぐっては、国・宗教・信条・風土により、禁忌なども含めてさまざまな文化が確立されてきました。

この文化の多様性は、現代では、需給問題・環境問題といった新たな問題に直面しています。地球と人類の持続可能性の問題を解決しながら、人類の登場と共に育まれてきたいのちと向き合う食肉文化を私たちの子孫へとつないでいくことはできないか。

私たちは、食べない食肉文化も食べる食肉文化も尊重されるような豊かな選択肢と余白のある社会を、養豚を出発点にしたテクノロジーで実現していきます。

icon

icon

icon

icon

icon

icon

icon

icon

mission

Mission

データを用いた
循環型豚肉経済圏の共創

Eco-Pork mission

環境資源への思いやり(低負荷)と食の多様性への敬意をベースにしたエコシステムを構築すること、つまり資源だけでなく、いのちをも無駄にされてきた食用豚肉生産・流通の全プロセスをデータによって改善していくことが私たちのMissionです。その実現のために、この豚肉に関わるすべての人や組織と手を取り合って共に取り組んで参ります。

Product

養豚経営管理
システム
AI
ICT
IoT
豚データ
最適化
センサーデータ

当社が提供するPorkerは、AI、ICT、IoTの3つのテクノロジーのデータで生産管理と環境負荷の改善を実現する養豚経営管理システムです。生産の見える化・課題の抽出・オンラインでの課題解決の支援など、養豚農家の生産性を高め、継続的な経営改善を実現することができます。

養豚経営管理
システム
AI
ICT
IoT
豚データ
最適化
センサーデータ

01

Porker -Sense-

Porker -Sense-

IoT豚舎環境モニタリングサービス。飼育環境をリアルタイムに把握できて、異常値はSMSで通知。

02

AI Buta / Biological Camera

AI Buta

豚体重・育成状況把握を初めて実現。繁殖/出荷計画・業務の高度化など新たな生産管理体形構築を可能に。

03

AI給餌器

AI給餌器

飼養豚の増体コントロールのために給餌量の測定・制御を実行。Porker上で確認や指示を行える。

04

Porker CE

Porker CE

データを共有し、養豚生産者の課題をOne Teamで支援する農場モニタリングシステム。

05

環境制御

環境制御

豚舎環境機器を一括管理。インターネットを介していつでもどこでも機器制御・農場管理がおこなえる。

06

豚舎ネットワーク敷設

豚舎ネットワーク敷設

養豚DX化のインフラとなる豚舎内ネットワークを敷設。農場内に通信可能な場所が1カ所でもあればNW敷設可能に

01 02 03 04 05 06 06

Career

Team

神林 隆 プロフィール画像

創業者兼代表取締役

神林 隆

ミシガン大学経営学(Master of Business Administration)修士課程を成績優秀者として修了。外資系コンサルティングファームにてテレコム領域の経営戦略・新規ビジネスモデル企画などに従事。その後、統計解析・人工知能を活用した新規ソリューション開発を責任者として主導。テクノロジーを活用し、養豚を出発点とした持続可能な循環型食肉文化を構築するため、平成29年11月29日(ニク・イイニクの日)にEco-Porkを創業。

荒深 慎介 プロフィール画像

共同創業者 取締役 新事業創発責任者

荒深 慎介

慶應義塾大学大学院基礎理工学専攻生物化学修士課程修了。大学院修了後、外資系コンサルティングファームに入社。大手製造機器メーカーに対し、統計・機械学習を活用したデータ分析による業務改善/経営戦略支援に従事。タンパク質危機問題により、「食」の豊かさが脅かされる状況下、Eco-Porkを共同創業。テーブルミートを支える豚肉が「食」の選択肢として在り続けるために、持続可能な養豚をテクノロジーで支援する「Porker」を考案。2021年4月にEco-Porkの取締役に就任。

鈴木 健人 プロフィール画像

取締役 管理統括責任者

鈴木 健人

東京工業大学理学部数学科卒業。実家は養豚業を営んでおり、高校卒業までは愛知県の養豚の盛んな地域にて育つ。大学卒業後、メガバンクグループに入社。銀行での大企業営業、グループ証券会社でのM&Aアドバイザリー業務に従事。幼少期より感じていた養豚業の抱える課題を自身の手で解決していきたいと発心し、Eco-Porkへと参画。2021年4月にEco-Porkの取締役に就任。

Join us

「2050年にもやっぱり肉も食べたい」ー環境問題と食糧危機を共に乗り越える仲間を募集

Eco-Pork

世界規模の社会課題に取り組むEco-Porkでは、技術開発により自ら未来を切り拓くエンジニアや、内外と連携して新たなビジネスモデルを実装するプロダクト/プロジェクトマネージャーなど、共にチャレンジする仲間を募集しています。

Join us

icon

icon

icon

icon

icon

icon

icon

icon

Company

Information

  • 社名

    株式会社Eco-Pork | Eco-Pork co., ltd.

  • 住所

    東京拠点
    〒130-0003 東京都墨田区横川1-16-3 Center of Garage Ground05 map

    鹿児島拠点
    〒899-5652 鹿児島県姶良市平松7659 map

  • 設立

    平成29 年11 月29 日(平成で一度の“いい肉の日”)

  • 代表

    神林 隆

  • さらに詳しく

    • 事業内容
      • 養豚経営管理ソフトウェア「Porker」の開発・提供

      • 豚舎内モニタリング用IoTセンサーの開発・提供

      • その他、豚肉生産性・資源効率性を向上させるハードウェアの開発・提供

    • 主な採択事業
      • 農林水産省 「スタートアップ総合支援プログラム(SBIR支援)」(2022年度)

      • 経済産業省 「グローバル・スタートアップ・エコシステム強化事業」(2021年度)

      • 農林水産省「令和2年度・令和3年度 スマート農業実証プロジェクト」(2020年/2021年度)

      • 東京都「令和2年度 第1回 革新的サービスの事業化支援事業」(2020/2021年度)

News

事業参画や共同研究開発、メディア掲載情報など、Eco-Porkの直近の活動はこちらをご覧ください。

開発ブログ

技術開発をはじめとして、組織や文化、考え方など私たちの活動の背景にあることをブログにまとめていますので、Eco-Porkに興味関心をお持ちの方はぜひご覧ください。

nikkei

読売新聞

週刊ダイヤモンド

東洋経済 ONLINE

Forbes Japan

Tech Crunch

日刊工業新聞社

日本農業新聞

経済新聞

現代ビジネス

THE SANKEI NEWS

President Online

nikkei

読売新聞

週刊ダイヤモンド

東洋経済 ONLINE

Forbes Japan

Tech Crunch

日刊工業新聞社

日本農業新聞

経済新聞

現代ビジネス

THE SANKEI NEWS

President Online

Contact

採用について

環境問題と食糧危機を
共に乗り越える仲間を募集

Contact

未来を開拓する技術開発、新たなビジネスモデルの社会実装など、共に地球規模の課題にチャレンジする仲間を募集中です。

contact

Porkerの導入について

データで生産量・組織と業務改善を実現する養豚経営管理システムPorkerについて詳しく知りたい方は以下よりお問い合わせください。

研究・受託について

弊社はソフトウェアPorkerの提供を行うだけでなく、農家、獣医、飼料メーカー、企業・組合、大学、研究機関様からの受託・共同研究やシステム・センサー開発などの共創を受け付けております。